基礎から学ぶ外壁リフォーム

金属屋根とは

金属屋根とは

金属屋根とは 金属屋根は、瓦、コロニアルと並んで屋根の代表的な材料の一つです。外壁リフォームと合わせて屋根のリフォームを行う場合、選択肢の一つとして検討したい材料でもあります。
金属屋根には、銅板・フッ素鋼板・ステンレス鋼板などの高価な材料を葺く場合と、亜鉛鉄板やガルバリウム鋼板などの経済的な材料を葺く場合があります。
現在主流を成すのがガルバリウム鋼板です。従来の亜鉛鉄板と比べるともちがよく、錆びにくいのが特徴です。
屋根に金属を葺く場合のメリットは材料の軽さにあります。屋根が軽いことで地震による被害を軽減することができます。地震力は建物の重さに比例して、大きく作用するからです。
デメリットは雨音が他の材料と比べて大きく響くことです。瓦屋根の雨音はよほど強い雨でないと響かないのに対して、金属の屋根は雨音がよく響きます。
金属屋根の葺き替えや塗装替えは、外壁リフォームと合わせて施行すると経済的です。地震対策として瓦屋根を金属の屋根に葺き替える方法も用いられています。

タイルとは

タイルとは 外壁リフォームをしたいと考えているなら、材質には一番こだわりを持ちたいものです。
一般的には窯業系サイディングやモルタルが使用されますが、ぜひ検討してみたい素材がタイルといえます。
タイルは陶磁器やコンクリートを用いて作られた板型の素材をさしますが、住宅には多くの場合陶磁器が使われています。
そして外壁リフォームに使用する最大のメリットとしては、耐久性の高さがあります。
硬質で頑丈な素材ですから、雨や風そして雪による刺激で劣化する事が少ないのです。
さらに表面に加工が施されているタイプなら汚れにくくなっており、お手入れの負担がかからないのもメリットです。
そしてさまざまなデザインに対応できるのも、特徴の一つといえます。ブラウン系のカラーを使用すればカントリー風やアンティーク風になりますし、黒や白といったカラーを用いるとモダンな雰囲気の建物にもできます。
その点も、外壁リフォームの実施においては大きなメリットとなります。
このようにタイルは古い歴史がありますが、実用性が高い上さまざまなデザインにも対応できるため、外壁リフォームをするなら導入をおすすめしたい壁材といえるのです。


Copyright (c) 2016 基礎から学ぶ外壁リフォーム. All rights reserved.