基礎から学ぶ外壁リフォーム

ガルバリウムとは

外壁リフォームのガルバリウム

外壁リフォームのガルバリウムとは 最近は外壁リフォームにガルバリウム鋼板が使用されることが増えてきました。外壁だけでなく屋根のリフォームにもよく用いられますが、このガルバリウムはアルミニウムと亜鉛、そしてシリコンが配合されて作られた金属です。
その特徴はまず、錆びないということです。通常、金属は劣化し錆びてしまうとすぐにもろくなって交換が必要です。外壁リフォームで最も大事な劣化しにくいことはとても重要な要素です。さらに、価格が安いことも広く利用されている理由です。
一方、デメリットもあります。比較的薄い金属なので、ちょっとした外力でへこんだりすることがある、また、雨などの際には雨粒が当たると比較的、音が大きくうるさいことです。
さらに、薄い分、断熱性はあまりよくないといえます。一般的に断熱性能はあるとは言われていますが、薄い金属である分その能力には当然、限界があります。
ただし、それを補うだけの質の高い断熱材も開発されているので、お互いの利点で補い合えば大きな問題とはならないでしょう。

外壁リフォームでガルバリウムを使用するメリット

外壁リフォームでガルバリウムを使用するメリット 外壁リフォームでガルバリウムを使用するメリットはいくつかあります。これは、ガルバリウム鋼板の良いところともいえますが、まずは安価なことです。
外壁リフォームは多くの場合、リフォーム範囲が広くなります。高額な材料ではその分、材料費がかさんでしまい工事費が高くなってしまいます。
また、錆びないというのも大きなメリットです。安くてもすぐに劣化してしまうものでは、その家の寿命を短くしますし、トータルで考えるとより費用がかさむことにもなりかねません。
さらに、もうひとつ、加工がしやすいこともガルバリウムの利点として挙げられます。ガルバリウムは薄い金属です。
すなわち切ったり、折り曲げたりという材料の加工がしやすいことで、工事現場の負担を減らせることができます。
特に、外壁の形状が複雑な建築物などではそのメリットは大きく、現場の負担が減らせると同時に工期の短縮を実現できます。工事が早く済めばその分工事費も安く抑えることができ、大きな利点となります。


Copyright (c) 2016 基礎から学ぶ外壁リフォーム. All rights reserved.